iphoneの充電できない状態を復旧|電子機器を直す業者

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンを直す手順

PC

パソコンはインターネット通販やちょっとした調べものなどにも使えると手も便利な電子機器ですが、壊れてしまう可能性もあります。そのような場合は専門業者にパソコン修理を依頼するのが無難な方法です。

More Detail

原因調査と復旧作業

携帯を触る女性

iphoneを長く使っていると充電できないという事態に陥ることがよくあります。このような場合はすぐに故障と決めつけるのではなく、原因を見極めることが大切になってきます。最初にやることは電源ボタンを長押ししてiphoneを再起動することです。これやることで充電ケーブルの認識が復旧する場合があります。次に行なうのがコンセントの接続チェックで、場合によっては電源タップの接触不良という場合があります。直接コンテントから電源をとっても充電できない場合は、充電ケーブルか本体の以上を疑った方が良いでしょう。iphone側に問題がある場合はバッテリーの交換を進める必要があるので、公式サポートや修理業者に連絡する必要があります。公式での有料保証に入っている間は無料でバッテリー交換をすることができますが、未加入の場合は10000円ぐらいの費用が発生します。
ですが、専門の修理業者であればバッテリー交換を4000円から7000円程度の値段で済まさせることが可能です。修理費用に関しては機種の新しさによって変動してくるので、自分が使っているiphoneの利用金額ぐらいは把握しておいたが方で良いです。また、修理業者の公式webサイトでは、似たような修理事例をいくつも掲載しています。同じようにiphoneが充電で着ない状態になってしまった人からのメッセージもたくさん掲載されています。そのような情報を参考にするのも1つの手です。充電できないからといって焦るのではなくまずは原因を調査してなぜそうなったのかを知ることが大切です。充電できない人は参考にしてみましょう。

大事なアイフォンを復旧

スマートフォン

アイフォンは公式サポートを利用すれば画面の交換をすることができますが、水濡れ修理には対応していません。水に落としてしまった場合は、専門の修理業者に早めに持っていくことで直せる場合があります。

More Detail

非正規店で修理する利点

男女

iphoneが壊れてしまった場合は公式サポートに連絡するのが一般的な方法ですが修理をした場合、データが消えることがあります。非正規の修理業差であればそのような事もなくiphoneを直すことが可能です。

More Detail